表札の流儀、それは家の入り口を飾る大切なモノです。

表札の流儀

表札の流儀

今やどこの家にもかならずある表札。


家を建てたり引っ越したら、何よりもまずこだわりたいのは表札ですよね。


今や表札のデザインは様々で、家そのものはもちろん、名前を知らせるだけではなく家族の個性を強く知らせるものでもあります。


家に掲げられる表札の素材も様々。伝統的な木製に墨字のものから、可愛い手作りのステンシルボード、シンプルでナチュラルな陶製から、カントリー風のアイアンアート、おしゃれなガラス製のものまで、家の顔といってもいい表札ですが、実はいろんな流儀がありました。


意外と知られていない、関東と関西での表札の大きさの違いとその由来。長いようで実は短い表札の歴史の裏にあった、江戸、明治、大正の激動の時代のいろんな社会事情。日本独自の文化である表札の持つ、日本人ならではのこだわりが作った面白さは、ただ家の名前を書いただけでは終わらない、ずっと続く家作りの一つです。


そんな歴史や素材の縁起を知れば、表札選びはもっと面白くなるはずです。


家作りのゴールでスタート、デザインにも素材にも縁起にも思い切りこだわり抜いて、たったひとつの表札を自宅に飾りましょう。


表札の流儀

玄関を飾る、表札の歴史

表札の歴史はそもそも、どこから始まったのでしょう?

表札の作り方

表札の作り方は、一つの手順だけではありません。